ミャンマー 軍の司令官 クーデターの正当性を主張

ミャンマーでクーデターを実行した軍のトップ、ミン・アウン・フライン司令官がクーデター後初めてとなる国民向けの声明を出し、「去年の総選挙で不正があったものの新しい政権が発足しそうだったため、軍が統治せざるを得なくなった」などとしてクーデターの正当性を主張しました。一方、軍は拘束していた人たちを一部解放したと見られていますがアウン・サン・スー・チー国家顧問は引き続き軟禁されているもようです。…

ミャンマーでクーデターを実行した軍のトップ、ミン・アウン・フライン司令官がクーデター後初めてとなる国民向けの声明を出し、「去年の総選挙で不正があったものの新しい政権が発足しそうだったため、軍が統治せざるを得なくなった」などとしてクーデターの正当性を主張しました。一方、軍は拘束していた人たちを一部解放したと見られていますがアウン・サン・スー・チー国家顧問は引き続き軟禁されているもようです。
Print Share Comment Cite Upload Translate
CITATION GOES HERE CITATION GOES HERE
Select a language: