宣言延長「さらに改善し確実に解除に」日本感染症学会理事長

緊急事態宣言の延長について、日本感染症学会の理事長で東邦大学の舘田一博教授は「ゆっくりとだが確実に感染者数が減少するなど宣言の効果は確実に出てきており、皆さんの努力が数字に結び付いていると感じる。しかし、重症患者は減少せずに医療現場のひっ迫が続き、感染者数もまだ安心できるほどには減っていないため、残念ながら今月7日までに緊急事態宣言を解除できる状況にはない」と話しています。…

緊急事態宣言の延長について、日本感染症学会の理事長で東邦大学の舘田一博教授は「ゆっくりとだが確実に感染者数が減少するなど宣言の効果は確実に出てきており、皆さんの努力が数字に結び付いていると感じる。しかし、重症患者は減少せずに医療現場のひっ迫が続き、感染者数もまだ安心できるほどには減っていないため、残念ながら今月7日までに緊急事態宣言を解除できる状況にはない」と話しています。
Print Share Comment Cite Upload Translate
CITATION GOES HERE CITATION GOES HERE
Select a language: