鳥インフル 越冬地で検出のウイルス量 例年の数倍 警戒を

異例のペースで発生が相次ぐ鳥インフルエンザについて、渡り鳥の越冬地で検出されるウイルスの量が例年の数倍と多くなっていることが鹿児島大学の調査でわかりました。今後、渡り鳥がシベリアに戻るルートの途中にある養鶏場でウイルスが広がるおそれがあるとして、警戒を呼びかけています。…

異例のペースで発生が相次ぐ鳥インフルエンザについて、渡り鳥の越冬地で検出されるウイルスの量が例年の数倍と多くなっていることが鹿児島大学の調査でわかりました。今後、渡り鳥がシベリアに戻るルートの途中にある養鶏場でウイルスが広がるおそれがあるとして、警戒を呼びかけています。
Print Share Comment Cite Upload Translate
CITATION GOES HERE CITATION GOES HERE
Select a language: